デジタルタコグラフを装着する車両が増えています

デジタルタコグラフを装着する事業用トラックが増えているのは、安全上の理由や一定の車両に装着が義務付けられたことによります。日本では7トン以上8トン未満の事業用トラックによる事故が横ばい状態であり、運送会社は安全対策が求められています。インターネットが普及して商取引が以前よりも活発に行われるようになり、運送業に対する需要も増加しました。ドライバーの長時間拘束や時間外労働などが問題になっているため、適切な労務管理や運行管理を行わなければなりません。

以前は総重量8トン以上または最大積載量5トンの事業用トラックに、デジタルタコグラフの装着が義務付けられていました。平成26年12月1日からは、総重量が7トン以上または最大積載量が4トン以上に対象車両が拡大しています。運送会社は業務を円滑に進めるため安全対策を講じる必要があり、さらに義務化の対象車両が拡大されたことからデジタルタコグラフを装着する車両が増えました。デジタルタコグラフにはSDカードなどに走行中のデータを記録するカード型の他に、オンライン上に記録するクラウド型が存在します。

クラウド型は常に通信を行っているため、車両の現在位置を把握できます。後から事業所にSDカードなどを持ち帰ってデータ処理を行うカード型に比べて、常に通信を行っているクラウド型の方が労務管理や運行管理に適しています。ドライバーの労働環境を改善し事故などのトラブルを回避しつつ効率的に業務を遂行するため、多くの車両にクラウド型のデジタルタコグラフが装着されるようになりました。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*