デジタルタコグラフの種類とメリットとは

市販されているデジタルタコグラフには様々な製品がありますが、データの保存方法に着目して条件に合ったものを選ぶとよいでしょう。デジタルタコグラフはデジタル形式で法定3要素である速度と時間、距離を記録する装置です。保存されたデータはデジタル形式なので、運転日報の作成などが簡単に行えます。この装置にはデータの保存方法によってクラウド型とカード型の2種類が存在します。

いずれもデータを柔軟に活用できますが、クラウド型にはカード型にないメリットがあります。カード型のデジタルタコグラフはローカル型とも呼ばれており、SDカードなどの記録媒体にデータを保存します。このタイプはネットワークとつながっているわけではなく、後からデータをパソコンで取り出さなければなりません。ドライバーは事業所にSDカードなどを持ち帰り、パソコンを使って運転日報を作成します。

運転日報の作成自体は簡単に行なえますが、データ処理に多少手間がかかります。車両と事業所がネットワークでつながっているわけではないので、データを即時共有することもできません。クラウド型のデジタルタコグラフは車載器にSIMカードが内蔵されており、常に通信を行ってオンライン上にデータを保存します。車両と事業所がネットワークでつながっているため、データを即時共有することが可能です。

インターネットに接続する環境があれば、パソコンなどを使ってすぐに保存されたデータを確認できます。いずれのタイプのデジタルタコグラフもデータを柔軟に活用できますが、特にクラウド型は業務を効率化するのに威力を発揮します。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*