ドライバーの管理が楽になるクラウドのデジタコの魅力

デジタコは、ネットワーク通信を使ってデータを送ることができるのが魅力です。従来のタコグラフは、チャート紙というものを使ってデータを分析しなくてはいけませんでした。ドライバーの協力だけではなく、それを分析するための人材も確保しなくてはならず、しかも情報を蓄積して保存しておかなくてはならなかったので、コスト面でも大きな負担になっていたという背景があります。この点、クラウドのデジタコを用いれば楽に情報を集めることができる上に、記録媒体の心配もする必要が無くなります。

クラウドのデジタコでは、収集したデータをクラウドサーバーに保存できます。クラウドサーバーが一般的な端末と異なるのは、記録媒体のデータの破損を考える必要がないという点です。例えば、記録媒体にデータを保存している場合、そのデータのバックアップを取るために別の媒体を準備しなくてはいけません。クラウドでは、こういったデータの保存をしなくても、直接的に記録を行うことができるため、そこにアクセスできる社員全員が情報を共有できます。

端末にこだわる必要がありませんので、簡単にアクセスができて情報を得ることができます。しかも、デジタコとしての性能もとても高いです。例えば、交通事故などに巻き込まれたときであってもデジタコの記録を見れば、当時ドライバーがどういった運転をしていたのかを把握できます。急発進やブレーキの情報もわかるので、ドライバーの安全面の管理が楽になります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*