安全性を高められるクラウドのデジタコの導入

全国各地で営業をしている運送会社では、トラックにクラウド型のデジタコを装着している会社は多数あります。このシステムは各ドライバーの勤務状況を把握することができることや、シフトを組む際にも全てのドライバーの労働時間を一元管理できるので、常に最適なコンディションで仕事を行える環境作りに貢献できます。一方でクラウド型のデジタコには、機能が多数付けられていることが前提にあり、各ドライバーの運転の状況をリアルタイムで確認できます。例えば1台のトラックが速度超過している場合は、早急にドライバーに指示をすることができたり、連続運転の時間が長いドライバーの場合でも、休憩を取るように直ぐに指示を出せます。

いつ誰がどこを走行しているのか、積み荷は何なのかもリアルタイムで確認できることにより、常に安全運転で事故を起こさない仕事を継続することが可能になります。大切なお客様から預かった商品を陸送するものなので、大きな事故に発展してしまうと積み荷の補償が莫大になり、結果的に運送会社は大きな被害を受けてしまいます。顧客からの信頼度も低くなることが目立ち、仕事自体が入らない環境になる前に、クラウドのデジタコを装備することには十分な価値があります。また、交通事故や何かしらの災害によって渋滞に巻き込まれているドライバーが存在していれば、ドライバーに対して適切jなアドバイスを行うことができると同時に、荷主に対しても即座に報告を行えるのでサービスの拡充にも貢献できます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*