自動でデータ蓄積が出来るクラウド型のデジタコ

業務車両の運行記録を残しておく事は、労働環境の改善や業務にかかるコストの把握を行う上で有用です。現在では、クラウドサービスと連携して、データを保存する事ができ、データの蓄積が行い易くなっています。クラウド型のデジタコを導入するメリットは、オンラインでクラウドサーバと同期しているので、デジタコが記録した走行データを随時サーバに保存していく事が出来る点です。SDカードにデータを保存する事も可能ですが、これが破損した時にサーバ上にデータが保存されていると、データを守る事が出来ます。

これが、クラウド型デジタコを導入するメリットです。データのバックアップは複数の方法があった方が良いので、このタイプのデジタコは現代の企業の利用方法にマッチしています。サーバに保存されたデータはリアルタイムで動態管理をしたり、ポイント指定で車両検索を行ったり、安全に走行するように指導したりといった事が行えます。アナログ方式のタコグラフやストレージに保存するタイプの製品とは異なり、クラウド型のデジタコはネットワークやGPSを活用して、情報をリアルタイムで活用出来る事が強みです。

配車状況を把握し易い環境を構築でき、効率的に必要な場所に配車を行う事で業務効率を高められます。また、配送計画を共有したいという時も、今までよりも容易に出来ます。スピードの出し過ぎや長時間の運転のし過ぎにも気づき易くなるので、事故を未然に防ぐのにも役立ちます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*