クラウド化したデジタコを利用するメリットとは

近年よく耳にするクラウドというのは、データをオンライン上に保管してWEB上で必要なときにいつでも利用できるようにするシステムのことです。そして、種類や機能にさまざまなものがあるデジタコの中でも近年高い注目を集めているのがクラウド化されたデジタコです。そもそもデジタコをクラウド化すると、車両走行中に記録した位置情報や稼働状況が車両に組み込んだ通信モジュールを介してインターネット上に蓄積し、その情報はいずれもいつでもどこからでも確認できるになります。なお、その際にはその情報はオープンなものになってしまうことはなく、IDやパスワードを設定することで担当者をはじめとしたしかるべき人だけ見ることができる設定にすることが可能です。

また、そのサービスの利用にあたってソフトなどをわざわざダウンロードする必要がないのもクラウド型ならではの特徴であり魅力と言えます。つまり、インターネットに接続できる環境さえあれば導入後すぐにそのサービスを利用することが可能です。加えて、現在どの車両がどの位置を走行しているかをひと目でわかるようにできリアルタイムでその監視が可能になります。それゆえに、渋滞情報を踏まえた回避ルートを伝えたり、急な依頼を受けた際にも的確に車両を配車できる環境を手に入れることができる点もメリットです。

さらに、収集されたデータを用いて簡単に日報や月報を自動的に作成できるので、ドライバーの業務負担が軽減される点もその導入にあたっての魅力と言えます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*