クラウドデジタコで業務改善をスムーズにする

デジタコは運行記録をデジタルで記録する機器で、距離と時間と速度の記録が義務付けられています。GPSが搭載されているものならば、細かい位置情報も記録できますしリアルタイムで運行状況を把握する事も可能です。運行情報を活用する事で、運行ルートの改善や燃費向上に関する対策を施す事ができます。速度の記録も残るのでドライバーの安全運転に対する取り組みを、事業主が確認する事もできます。

メモリーに保存していくタイプもありますが、この場合は記録したデバイスを紛失したり、破損してデータを失うリスクがあります。また全てのデータを集めて解析しようと思っても、デバイスを回収して管理するのは大変です。一方でクラウド上に記録を残せるクラウドデジタコもあって、この場合はデバイスに運行情報を記録していくのではなく、クラウド上で保存できます。物理的にデバイスを管理する必要がないので、破損や紛失によって記録を失うリスクがありません。

同じデータセンターに全ての記録が保存されて、オンラインの環境があればいつでも確認できるので、広範囲に事業所がある企業でもすぐに全体の記録にアクセスして確認できます。デジタコを活用して業務を行う企業の中でも規模が大きくなるほどに、デバイスにデータを蓄積していくデジタコよりもクラウドを選んだ方が効率的に業務改善に活かせます。またクラウド上のデータから自動で日報などを作成してくれる機能があるデジタコもあるので、現場の業務を軽減させる事にも繋がります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*