データ管理が楽な高性能なクラウドのデジタコ

デジタコは、タコグラフの中でもトラック事業者の中でも特に導入が進められているものです。これは、比較的簡単に利用できるようになっているからです。ドライバーの中には、若い世代だけではなく高齢ドライバーも少なくありません。タコグラフを導入したとしても、操作が難しいと使いづらくなってしまう可能性もあります。

この点、デジタコには単機能で利用できるものも存在しますので、高齢ドライバーであっても利用できるメリットが存在します。デジタコのメリットは、こういったドライバーの状況や会社の業務状況に応じて、様々なタイプを使い分けることができる点にあります。そもそも、コスト面を考慮すると高い製品のモノを大量に導入することが難しい会社も存在します。そういった場合であっても利用しやすいようにしているのが、デジタコの最大のメリットです。

実際に、価格帯では3万円から4万円程度から簡単に使えるものを導入できますし、高性能なクラウド型のものを揃えたいと考えているときであっても、10万円台から購入できます。特に、高性能なものに関してはネットワーク技術を利用できますので、ドライバーが運転している状況をリアルタイムで確認できます。このデータは、クラウドサーバーに保存されていきますので、バックアップを取る必要もありません。クラウドサーバーにアクセスできる人ならば情報を共有できますので、会社内でのデータ管理が非常に楽になります。

ですから、事業者にとってもデジタコはとても魅力的です。クラウドやデジタコのことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*