デジタコ義務化で注目すべきポイント

昔よりもタクシー業界運送業界で、かなりデジタコ義務化が重要なポイントになってきているということがよく言われるようになってきています。確かに最近国土交通省がタコグラフを設置する義務範囲をかなり広げるということを頻繁に行うようになっているため、です。今では中型以上のトラック全てにタコグラフを設置しなければいけない、という風に決まっていますが、さらに今後はその範囲を広げていく可能性は十分考えられます。確かに事故などが生じた時にその時の状況を正しく把握することができるようになり、デジタコ義務化で結果的に多くの人達にとって利益となることは間違いないということが言えるからです。

しかしながら事業運営者の人にとってはこうしたタコグラフを改めて設置しなければいけなくなるということは、導入費用などがかかってしまうため、確かに頭の痛い蹴ってと言えるのも確かでしょう。したがってただ辛いだけのフェッテという風にも考えられてしまいますが、ある意味これは新しい最新式のタコグラフを設置企業の生産性を高めるきっかけ、という風にプラスに捉えることも不可能ではありません。必ずしも悪いことだけではなくて、デジタコ義務化で逆にそれで企業の売上をアップさせるということもあるし、不可能ではないということが言えるためです。というのも最近はかなり機能性の高いタコグラフがパソコンなどと連携するような形で登場してきているということは、確かに言えます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*