価格が安いデジタコでも十分な機能があります

デジタコは法定3要素と呼ばれる速度と距離、時間をデジタルデータの形で記録・保存する装置です。総重量が7トン以上、もしくは最大積載量が4トン以上の事業用トラックに装着が義務付けられています。法定3要素を記録して安全対策と運行管理に活用することで、ドライバーの負担を軽減し事故の危険性を減らせます。近年ではインターネットが普及したため24時間にわたって通信販売が利用されており、運送業界も対応しなければなりません。

運送業界では人手不足が慢性的な状態で、1人のドライバーにかかる負担が大きくなっています。日本政府は事業用トラックによる事故を防ぐためデジタコ装着の義務化を進めており、今後も対象車両が増えると予想されます。対象車両となっていない場合でも、デジタコを導入すれば安全対策と運行管理を適切に行うことができます。デジタコには単機能型と標準型、多機能型がありシンプルな機能のみを備えた単機能型が最も安価です。

いずれのタイプも法定3要素を記録する機能がありますが、単機能型は安いものであれば5万円ほどで購入できます。価格だけでなく機能や用途を考慮して、最適なタイプを選ぶことが大切です。最も価格が安いのは単機能型で、標準型や多機能型を導入するには30万円以上の費用が必要になります。価格が安い単機能型でも法定3要素を記録でき、簡単な運行管理を行うことも可能です。

より多くの機能を求める場合には高価な標準型や多機能型を選ぶとよいでしょう。特に多機能型にはドライバーのアルコール確認や燃費の管理など様々な機能があり、徹底した安全対策と運行管理を行うことができます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*