安い価格のデジタコを選ぶメリットとは

総重量が7トン以上か最大積載量が4トン以上の事業用トラックには、デジタルタコグラフの装着が義務付けられています。デジタルタコグラフは一般的にデジタコと呼ばれており法定3要素である速度と時間、距離をデジタルデータとして記録する機能があります。アナログタコグラフはアナタコと呼ばれておりチャートに記録しますが、デジタコの方がデジタルなのでより柔軟にデータを活用できます。デジタコは安全対策と運行管理に利用されており、ドライバーの負担を軽減して事故の危険性を減らしてくれます。

一般的に市販されているデジタコは単機能型と標準型、多機能型の3種類に分類できます。単機能型は価格が安く5万円台から購入できるというメリットがあり、法定3要素を記録する機能の他に簡単な運行管理機能が使えます。標準型と多機能型にはドライブレコーダーと連携する機能や各種帳簿を作成する機能もありますが、価格は30万円以上と高価です。なるべく費用を抑えて簡単な機能を備えたデジタルタコグラフを導入したいのであれば、価格が安い単機能型を選ぶとよいでしょう。

多機能型はドライブレコーダーとの連携や帳簿の作成以外にも、オプションで任意に様々な機能を追加できます。ドライバーのアルコールを確認する機能や燃費を管理する機能の他に、速度超過のアラーム通知機能などが存在します。多機能型は様々な機能を駆使して徹底的な安全対策と運行管理を行うのに便利ですが、機能が多過ぎて使いこなせない場合もあります。デジタル機器が苦手な場合や初めてデジタルタコグラフを導入する場合など、扱いやすい単機能型を選ぶのがおすすめです。

デジタコの価格のことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*