デジタコは価格と機能を検討することが大切です

デジタコの正式名称はデジタルタコグラフで事業用トラックに搭載して法定3要素である速度や時間、距離を記録します。この装置を搭載することが義務付けられているのは、総重量が7トン以上、もしくは最大積載量が4トン以上の事業用トラックです。以前は総重量が8トン以上か、最大積載量が5トン以上の事業用トラックに搭載が義務付けられていました。ドライバーの負担を軽減して事業用トラックによる事故を減らすため、平成26年12月1日に対象範囲が拡大されています。

デジタコには様々な種類がありますが大きく単機能型と標準型、多機能型の3種類に分類できます。最も価格が安くシンプルな機能のみを備えているのが単機能型です。このタイプは5万円台から購入でき、法定3要素を記録したり簡単な運行管理を行う機能を備えています。なるべく価格の安いものを探している場合や、機能がシンプルで使いやすいものが必要な場合には単機能型を選ぶのがおすすめです。

標準型と多機能型は法定3要素の記録だけでなく、ドライブレコーダーと連携したり各種帳簿を作成する機能があります。これらは価格が30万円以上しますが、単機能型よりも効果的に安全対策や運行管理ができます。多機能型は任意に選べる様々なオプションが用意されていて、ドライバーのアルコールチェックや燃費の管理なども可能です。徹底した安全対策と運行管理を行いたいのであれば、豊富なオプションが用意されている多機能型を選ぶとよいでしょう。

デジタコには様々な種類があるので、価格や機能を検討して目的に合ったものを選ぶことが大切です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*