デジタコには様々な価格のものがあります

Female pretty young business happy computer desk

デジタコは総重量が7トン以上か、最大積載量が4トン以上の事業用トラックに装着が義務付けられている運行記録計です。正式名称はデジタルタコグラフであり速度や距離、時間をデジタルデータとして記録します。保存されたデータはデジタルなので、様々な機能に利用できるというメリットがあります。ドライバーの負担を軽減して事故の危険性を減らすため、デジタコは重要な役割を果たします。

以前は総重量が8トン以上か最大積載量が5トン以上の事業用トラックに装着が義務付けられていましたが、平成26年12月1日に対象範囲が拡大されました。事業用トラックによる事故を防ぐため、今後も対象範囲が拡大されると予想されています。安全対策と運行管理を適切に行いたいのであれば、対象外の車両でも早期に導入するとよいでしょう。デジタコには価格が安くて機能がシンプルな単機能型の他に、標準型や多機能型が存在します。

標準型以上は価格が30万円以上しますが、ドライブレコーダーとの連携や各種帳簿の作成が可能です。特に多機能型は価格が高い一方で、燃費の管理や速度超過のアラーム通知など様々な機能を備えています。オプションを選んで機能を追加できるので、徹底した安全対策と運行管理を行いたい場合に最適です。いずれのタイプも速度や距離、時間を記録する基本的な機能があり単機能型でも簡単な運行管理ができます。

単機能型は安いものならば価格が5万円ほどなので、費用を抑えてデジタコを導入したい場合におすすめです。デジタコの価格のことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*